「Windows Server 2003」 と 「Virtual Server 2005」 で 「Windows 2000 Server」を仮想化する その1

投稿者: | 2010/08/05

Windows Server 2003 R2 + Virtual Server 2005 R2 を使って、Windows 2000 Server を仮想化するテスト手順の記録です。

セキュリティの設定はほぼ無視した「稼働すればよい」レベルの手順です。
実際の運用時には、必要なセキュリティ設定、OSの設定変更等を施してください。

ホストOS:Windows Server 2003 R2
仮想化ツール:Microsoft Virtual Server 2005 R2(Microsoft Virtual Server 2005
ゲストOS:Windows 2000 Server SP4

1.IISのセットアップ

Virtual Server の実行にIIS環境が必要

コントロールパネル→プログラムの追加と削除→Windowsコンポーネントの追加と削除

20100805_090410

アプリケーションサーバー→[詳細]

20100805_090433

インターネットインフォメーションサービス(IIS)をチェック→[OK]

20100805_090518

[次へ]

20100805_090607

[完了]

2.Virtual Server 2005 のセットアップ

ダウンロードしたセットアッププログラムを実行

20100805_090719

[インストール]

20100805_090732

[次へ]

20100805_090755

ユーザー名、組織名は自動表示されるので確認して [次へ]

20100805_090841

「完全」を選択して [次へ]

「カスタム」にした場合

20100805_090819

20100805_090959

Webサイトのポートは既定の1024のままで

「管理Webサイトを常に承認されたユーザーとして実行するように構成する」を選択

ドメインコントローラにセットアップしている場合、この後の管理者サイトへのアクセスで弾かれるとの記事あり。

VirtualServer2005R2の管理者サイトアクセスユーザーについて - Windows Server Insider - @IT

その場合は、「管理Webサイトを常にローカル システム アカウントとして実行するように構成する」にするとよいとのこと。

20100805_091011

ファイアウォールの設定 チェックされているので、そのまま [次へ]

20100805_091021

[インストール] でインストール開始

20100805_091030

20100805_091139

セットアップ完了

3.管理Webサイトの表示

インストール終了時の画面

20100805_091232

「管理Webサイト」のリンク または スタートメニューから「Virtual Server 管理 Webサイト」を起動

20100805_091340

ユーザー名とパスワードの入力を促された場合は、Windows Server 2003 のユーザー名とパスワードを入力する

Internet Explorer セキュリティが強化されている場合、以下のメッセージが出ます

20100805_091411

http://サーバ名

信頼済みサイトに追加すると次からは表示されません

上のウィンドウで、[追加]

20100805_091425

次のWebサイトをゾーンに追加する
[http://サーバ名]

[追加]を押し、下の欄に追加されたことを確認する

20100805_091508

管理Webサイトが表示される


「Windows Server 2003」 と 「Virtual Server 2005」 で 「Windows 2000 Server」を仮想化する その2 へ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。