『VBA Tabbar』をWindows7(64bit) + Office2007 で動作させる方法

投稿者: | 2011/01/30

OfficeのVisualBasicEditorをタブ化するフリーソフトウェア『VBA Tabbar 1.22』を、Windows7(64bit)のOffice2007で動作させる方法。

  1. VBA Tabber の入手と解凍

    VBA Tabbarのダウンロード : Vector

    解凍後、付属のインストーラは起動させない

  2. 管理者モードでコマンドプロンプトを開く
    スタートメニュー → アクセサリ → コマンドプロンプト(右クリックして「管理者として実行」)
  3. regsvr32でDLLを登録する
    >%systemroot%\SysWoW64\regsvr32.exe (解凍先フォルダ)\VBATab.dll
    【例】
    C:\vba_tabar に解凍した場合は
    >%systemroot%\SysWoW64\regsvr32.exe C:\vba_tabbar\VBATab.dll「(フォルダ名)\VBATab.dll の DllRegisterServer は成功しました。」と表示されたら成功

    「DllRegisterServer への呼び出しはエラー コード 0x80004005により失敗しました。」と表示された場合は、コマンドプロンプトが管理者として実行されていないので、2から再実行。

2012/2/3 追記

Access終了時にプログラムエラーで異常終了する事があるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。